どこでも資格試験

外出先や移動中に気軽に資格のテストができるようにつくってみました。 PCのトップページではプログラムがうまく動きませんでした。 個別記事では正常に動くようです。

Ⅴ.解析手法,設計・施工への適用(12問)

79. 次は,二次元の地すべり安定解析手法のうち,非円弧すべり面に適用できる手法を示したものである。適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(1) ヤンブ法



80. 次は,有限要素法(Finite Element Method)について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(3) 三次元での解析ができない。



81. 次は,杭の鉛直支持力を支持力算定式から求めるために利用できる地盤情報を示したものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(1) 土の湿潤密度
(3) 土のせん断強度
(4) N値



82. 次は,「道路橋示方書・同解説 Ⅴ耐震設計編」に示されている,橋に影響を与える液状化の判定を行うのに必要な地盤情報を示したものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(2) 粒度特性
(3) 地下水位
(4) N値



83. 次は,道路防災カルテにおける点検対象項目のうち,盛土の安定度評点に考慮する要因を示したものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(1) 変状
(2) 基礎地盤
(3) 河川水・波浪の影響
(4) 植生



84. 次は,各種構造物とその維持管理のために必要な調査を示したものである。不適切なもの一つを選び((1)~(4))で示せ。

(1) 老朽ため池の漏水調査
(2) 路面下の空洞調査
(3) 道路盛土の土壌汚染調査
(4) 基礎構造物の損傷調査



85. 次は,土の圧密試験結果を沈下解析へ利用する方法について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(1) 理論圧密度100%に達した時点以降,沈下は発生しないと判断できる。



86. 次は,室内CBR試験について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(4) 設計CBRと修正CBRの供試体作成方法は同じである。



87.次は,各種構造物の設計を行うにあたり,関連のある試験項目を示したものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。
h30_87



88.次は,放射能探査結果からの地質推定について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(2) 粘土化している場合や亀裂が塞がっている場合は,スペクトル比が大きくなる。



89. 次は,既存構造物の根入れ調査手法および構造物の杭頭に関する適用条件を示したものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。
h30_89



90. 次は,コンクリート構造物の点検調査における物理探査手法と結果解釈について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。
h30_90




Ⅵ.管理技法 (10問)

91. 平成30年3月に「無人航空機(ドローン・ラジコン機など)の安全な飛行のためのガイドライン」が国土交通省航空局から発表された。以下は,その中に示された項目を示したものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(3) 河川敷で無人航空機を飛行させるには,河川法により許可の取得が必要である。



92. 次は,労働安全衛生法により規制している資格について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。
h30_92



93. 次は,港湾区域・漁港区域で行う海上(陸上)ボーリングについて述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(4) 漁港で行うボーリング作業は,海上保安部への作業許可申請だけでよい。



94. 次は,安全管理におけるリスクアセスメントについて述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(4) 使用者が間違った使い方をした際に発生する危険を防止するための対応は,リスクアセスメントに含まれない。



95. 次は,地質調査業務で用いられる実施工程図について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(3) ネットワーク式工程図は,比較的工期が短く,工程も簡単な業務で用いられる。



96. 全国地質調査業協会連合会では,高品質ボーリングの積算基準をオールコアボーリングの積算歩掛を基にした補正割合で提示している。積算項目とその補正を必要とする理由のうち不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。 
h30_96



97. 次は,土の粒度試験で用いる過酸化水素の取扱いについて述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(1) 6%溶液は「毒物及び劇物取締法」の劇物には該当しない。



98. 次は,土質試験に使用する器具および測定機器について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(3) 購入後,使用せずに数年を経た圧力計は,新品同様であるから校正しなくても使用できる。



99. 次は,火薬類の譲受・消費許可申請の提出先を示したものである。適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(3) 都道府県知事



100. 次は,物理探査の現地作業時の保安事項について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号((1)~(4))で示せ。

(1) 磁気探査では,磁場が発生し,地域周辺に高い磁場がかかるので,取扱いには十分注意する。




↑このページのトップヘ